Locker Room

2021年11月19日(金)

【第八回幹部部屋】

今回の幹部部屋では、関東大学対抗戦Aグループにおける立教大学ラグビー部の現状について、主将の麻生典宏より報告させていただきます。

 

ホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

今年度主将を務めております、麻生典宏です。

9月に開幕した関東大学対抗戦も、早いもので、2ヶ月が経ちました。今シーズンの目標として掲げた「関東大学対抗戦Aグループでの3勝以上」を達成する為に、日々の練習から常に勝つことを意識して取り組んで参りましたが、必ず勝利を収めなければならない日本体育大学戦で敗戦を喫しました。今シーズンの目標を達成することが出来なくなってしまいましたが、福田監督が「running changeをしていくことが必要だ」とよくおっしゃっており、前を向いてこの状況を乗り越え、勝利を目指すほかありません。残りあと2試合、この2試合にどのように臨むかが重要であると考えています。

 

先日のジュニア選手権大会の最終戦では、日本体育大学に勝利を収めることができました。この勢いを止めずに、残された試合全てを必ず勝利で終えたいと思います。主将として、最後までチームを熱く牽引したいと思います。今後とも温かいご声援の程、宜しくお願い致します。