2022年9月15日(木)

【第六回幹部部屋】

今回のロッカールームは第六回幹部部屋です。この連載では、各幹部が今のチームの状況や今後の課題について綴った文章をご紹介します。

 

〈4年 安藤海志 主将/SH・FB〉

ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。今年度主将を務めております、安藤海志です。僕からは、今のチームの現状と課題について書かせて頂きます。現在のチームの状況といたしまして、夏合宿を全勝で乗り越えたことで、試合に対して、良いイメージを持っていると考えています。タイトな試合を勝ち抜いたという経験がその状況を作り出しています。しかし、チームとして全部員が同じ目標を掲げてはいますが、最終的に求められる個人スキルの面ではまだまだ課題が多いように感じています。

立教大学ラグビー部は良くも悪くも部員が少ないことで、多くの選手に試合を経験する機会が訪れます。練習したことを試合で発揮し、成功体験を得ることがラグビーにとって最も成長する瞬間だと思います。一戦一戦、一歩一歩、部員全員で成長し、「大学選手権出場」という目標に対して精進して参ります。引き続き、立教大学ラグビー部のご支援・ご声援を宜しくお願いいたします。

Locker Room