• RIKKYO RUGBY

四年間を振り返って -94期-

最終更新: 4月14日

94期の卒業生が3月に寄稿した文章です。


<主将 北山翔大>

昨年度主将を務めました北山翔大です。

HPをご覧の皆様、多大なるご支援・ご声援のほど、誠にありがとうございました。

皆様のサポートにより、素晴らしい環境の中でラグビーに取り組むことができました。

私自身、最終学年で主将をやらせていただいたことで数多くの経験を積むことができました。学んだことの1つとして「自分にベクトルを向けること」があります。チームを動かすにはまず自分が動かなければいけない。常に先頭に立って「新しい何かを探す」ことは、自分にとって、とても難しいことであり、また新鮮でした。

この立教ラグビー部で学んだことは、自分の宝物です。

もう少しで社会人になりますが、この学んだことを軸に自信を持って社会でも活躍したいと思います。

今後は立教大学体育会ラグビー部の一OB、一ファンとして陰ながら応援させていただきます。4年間本当にお世話になりました。ありがとうございました。


ホームページをご覧の皆様、いつも多大なるご支援とご声援ありがとうございます。

まず、北山組として「対抗戦2勝以上」という目標を達成できなかった事を悔しく思います。この4年間で対抗戦Bグループで2シーズン、Aグループで1シーズンと何方のカテゴリーでもプレーする機会がありましたが、やはり対抗戦Aグループで戦う事には大きな価値があると感じました。ただ、ラグビー選手としては、勝ってなんぼだと僕は思うので、対抗戦Aグループで戦えて良い経験だったなでは終わらないチームにこれからなっていって欲しいです。

僕はニュージーランドへ留学していたこともあって学生生活があと1年残っているので今年度も色々な事にチャレンジしていきたいと思います。

また何処かでお会いしましょう。


<主務 仲川神威>

ホームページをご覧の皆様、4年間立教大学ラグビー部へのご支援、ご声援ありがとうございました。

皆様の応援やサポートのおかげで日々の練習や試合に集中することが出来ました。

4年間を振り返り今思うこととしては、楽しいだけでなく辛いことをしてきたからこそ濃密で良い時間を過ごせたと感じています。

今後はOBとしてチームを陰ながら支えていきたいと思います。4年間多大なご声援ありがとうございました。


<FWリーダー 秋元律樹>

4年間多くのご支援とご声援を誠にありがとうございました。OBの方々を始め、多くの方の支えがあったからこそ、ラグビーを続けることができました。特に4年目の初めての対抗戦Aグループでの試合は忘れられない思い出です。後輩たちにはこの舞台で活躍し、3勝の目標を達成してくれることを願っております。

ホームページをご覧の皆様、今シーズンも昨年以上のご支援と熱いご声援をよろしくお願い致します。4年間本当にありがとうございました。


<FWリーダー 石塚大翔>

4年間たくさんのご支援ありがとうございました。みなさんの支えやご声援があったからこそ、日々精進することができました。

この4年間の中で、初めての長期間ラグビーできない生活、対抗戦Aグループへの昇格、その舞台での試合など様々な経験をすることができました。最高学年である昨年度は力及ばず目標である2勝は達成できませんでしたが、後輩達がその分勝ち星を積み上げてくれることを期待したいと思います。

これらの立教大学ラグビー部で培った様々な貴重な経験を糧にこれからの人生を生き抜いていきたいと思います。

ホームページをご覧の皆様、これからも多大なるご支援とご声援をよろしくお願い致します。

4年間本当にありがとうございました。


<BKリーダー 岡本力哉>

ホームページをご覧の皆様。

4年間多大なるご支援、ご声援の程、ありがとうございました。

昨年度は対抗戦2勝という目標を掲げ精進してきましたが、あと一枚の壁が高く越えることができませんでした。しかし、対抗戦Aリーグの舞台にチームとして全試合出場できた事は誇りに思え、自身の財産ともなりました。

こうした背景には、ファンの方々やチームスタッフ、裏方の学生、そして昇格をして下さった津田組など感謝を伝えるべき方々は多くいます。この場をお借りして、厚く御礼申し上げます。

今後は一OBとして微力ながら、部の発展を支えていければと思います。


<古川瑛也>

ホームページをご覧の皆様、日頃より多大なるご支援とご声援を頂き誠にありがとうございました。大学ラグビーを振り返ってみますと、悔しい思いをしたことや上手くいかなかったことが数多くありました。しかし、ラグビー部の仲間と過ごした日々は、何よりも充実しており、立教大学ラグビー部に入って良かった、最高の4年間だったと誇りに思っています。社会に出てもこのチームで学んだことを胸に精進して参りたいと思います。4年間ありがとうございました。


<野口真郁>

4年間の感想を正直に言うならめちゃくちゃしんどかったです。もちろん楽しかったことも沢山ありましたが、それより圧倒的にしんどかったです。

でも、立教大学ラグビー部に入ったことを後悔しているかと聞かれると後悔はしていないです。

自分でも不思議ですが、立教ラグビー部はそういう組織であると思います。

この4年間に自分と関わった全ての人に感謝しています。



<山口翔大>

#黄金の稲畑#脇道に潜むカエルの主#みんなの速すぎる自転車の速度#爆睡できる#階段下のソファ#馬の匂い溢れるターフ#たまに現れる猫#グラウンドに蔓延るアマガエル#練習ぎりぎりまで食べる鍋#洗い物じゃんけん#20を超える洗う皿#落ちない油#絆深まる#菅平合宿#夜に出てくる#異常な数のフルーツ天国#無限の卵#無限の明太子#それを貪るプロップ陣#やっぱりここでも#最後まで食ってる#洗濯戦争#えびのかほりに定評#夜はバカンス#バーガーだけが救い#よく考えたら#女の子と合法お泊りできるのは#菅平だけなのかもしれいない#たわいもない会話で笑っていたら#いつのまにか増えている味一の嫌いなおかず#補食で唯一美味しいオレンジジュースと飲むヨーグルト#側から見たら#毎回食事の写真を撮るインスタグラマー#ワンタップ生活#春練夏練に現れる#養豚場生活#苦い思い出ばかりの#富士見の風呂#西田さんの笑顔#ジョージさんの低く#首藤さんの腕#土屋さんの愛#椿さんのハグ#監督のボイス

仲間の事は忘れないと思うので、僕の4年間見た景色をインスタグラム風にしてみました。いつか、同期とこの#を見ながら、こんな事もあったなと笑いながら晩酌できる日を楽しみにしています。


<坂口朋生>

4年間多くのご支援、ご声援ありがとうございました。今こうして無事に笑って卒業できているのはOBの方々、コーチ、監督、先輩、後輩、同期、そして両親、関わって下さった全ての方々のおかげだと深く感じております。4年間本当にありがとうございました。

今後の立教大学ラグビー部の益々の発展を心より応援しております。





<金子裕二朗>

4年間を振り返ってみると、本当に色々な事があったと思います。

入部直後、初っ端から肉離れし、夏には記憶が飛び、秋には膝の内側靭帯と、既に1年目からインパクトのある大学生活の始まりでした。

そんなこんなで4年目をようやく終えた訳ですが、悔いは何一つ残っていません。尊敬する先輩方、素晴らしい同期、可愛い後輩達に巡り会い、共に立教大学ラグビー部で過ごして来た日々は、私にとって最高の大学生活となりました。

この4年間、自分と関わってくれた人達に改めて感謝したいです。ありがとうございました。

そして、これからも末永くよろしくお願いします。


<亀井駿>

4年間多大なるご支援とご声援ありがとうございました。また、恵まれた環境でラグビーをすることができた事に感謝致します。4年間ありがとうございました。










<中田航央>

これまで長いラグビー人生を歩んできましたが、立教ラグビー部で過ごした4年間ほど充実した時間はありません。

多くのチャンスを頂き、何にも変えられない多くの経験を積ませて頂きました。

本当に素敵な方々と出会うことができ幸せです。

これから自身を表現するフィールドが大きく変わりますが、あらゆる波に揉まれながらも日々精進して参ります。




<山口航貴>

サポーターズの皆様、日頃より多大なるご支援とご声援ありがとうございます。

1年生から試合に出る機会が多く、入れ替え戦での屈辱的敗北や感動的勝利、先輩達が残してくださった1部リーグの舞台など多くの貴重な経験をさせて頂き、本当に嬉しく思います。それ以上に最高の仲間達と4年間、共に闘えたことに誇りを感じております。これからは1人のOBとして陰ながら支援し、全力で応援したいと思います。4年間ありがとうございました。


<青木天真>

立教大学ラグビー部を日頃よりご支援、ご声援をいただきありがとうございます。

4年間を振り返ると、多くの怪我に悩まされてきましたが、同期、先輩、後輩に助けてもらいなんとか最後までやり切ることができました。

3年次にはポジション変更を経験して、自分自身成長することができたのではないかと思います。多くのことを学ぶことができたことに対して、感謝の気持ちでいっぱいです。

これからの立教大学ラグビー部がさらに成長してくれることを一OBとして、願っています。今までありがとうございました。


<久保怜央奈>

怪我が多くラグビーをしていない4年間でしたが、最高に楽しませてもらいました。

かけがえのない仲間に出会うことのできた立教ラグビー部に感謝しています。

ありがとございました。








<齋藤広騎>

立教大学ラグビーに入部し、尊敬できる先輩、最高の同期、可愛い後輩と充実した大学生活を送れました。監督やコーチ、OB・OGの方々にはラグビーを思う存分楽しめるために沢山のサポートをしていただけました。立教大学のラグビー部での4年間は私の貴重な財産になりました。温かい声援、サポートありがとうございました。今後とも立教大学体育会ラグビー部の応援、サポートを宜しくお願い致します。



<小林将也>

4年間多大なるご支援とご声援ありがとうございました。

1年生から試合に出させていただき、目の前の先輩を必死に追いかけてきたからこそ、大きく成長することができました。

新型コロナウイルスの影響でセブンスや春季大会が中止になり、対抗戦の開幕が危ぶまれましたが、最後まで恵まれた環境でラグビーすることができたことはとても幸せでした。

目標である対抗戦2勝はできませんでしたが、対抗戦の舞台は楽しかったです。私たちの目標は今後、後輩たちが超えてくれると信じています。

4年間ありがとうございました。今後の立教大学ラグビー部の応援もよろしくお願いします。


<佐々木千颯>

4年間、たくさんのご支援・ご声援ありがとうございました。

クラブチームと部活動の両立を大変に感じることもありましたが、部の皆とのラグビーが刺激となり、4年間やり切ることができました。1年生の時、ラグビー部に入部することを選択して心の底から良かったと思います。これからはOGとして、立教ラグビー部を応援しています。これからも変わらぬご支援・ご声援のほど、よろしくお願い致します。ありがとうございました。


<福田彩乃>

ホームページをご覧の皆様、日頃より多大なるご支援・ご声援を頂き、誠にありがとうございます。

卒部を迎え過日を振り返りますと、マネージャーという立場の奥深さ、チームで一つの目標に向かう事に、一筋縄ではいかないからこそ面白さを感じる4年間だったと感じます。葛藤の繰り返しでしたが、4年間この環境で必死になれたという記憶が、今後の糧になると確信しています。

この4年間の経験全てが現在の私の根幹になっていると思える事が、非常に誇らしいです。

今後の立教ラグビー部は更に飛躍します。皆様のご支援やご声援は確かに、選手・スタッフの努力の源になっておりますので、今後とも立教ラグビー部を是非宜しくお願いいたします。


<大内麻衣>

4年前に立教ラグビー部に入部していなかったらと考えると、鳥肌が止まりません。監督と汗だくでカレーを作ったり、後輩マネージャーに鬼呼ばわりされたり、昇格して隣の彩乃が泣き叫ぶのを止めたり。どんなに小さな事でも、どんなに短い会話でも、4年間のどの瞬間が欠けても今の私はいません。後輩たちみんなにとっても、そんな充実した時間であることを願っています。

最後に、4年間出会った全ての皆様に感謝するとともに、これからの活躍を祈っています。本当にありがとうございました。


<中村つばさ>

4年間たくさんのご支援・ご声援をいただき、本当にありがとうございました。

思い返せば立教ラグビー部一色に染まりきった4年間でした。この部活には何度泣かされたか分かりませんが、結局私は立教ラグビー部が心の底から大好きで、チームが着実に強くなっていくのが楽しくて、その一員として皆と歩んでこれたことが嬉しくて仕方がなかったのだと思います。

この4年間で学んだことを胸に、これからは社会人として精進し続けます。

最後に、私のあまりにも無謀な企画にいつも労力を惜しまず協力してくれたマネージャー・マネジメントの皆、そして監督やコーチをはじめOB幹事会の皆様、本当にありがとうございました。


<松本華子>

4年間多大なるご支援・ご声援を本当にありがとうございました。

マネージャーとしての苦悩も多い中、信頼出来る仲間や支えて下さるサポーターの皆様の存在が、私にとって大きな原動力となりました。このチームの一員として4年間活動出来たことを、心から誇りに思います。

ラグビー部で得た学びと繋がりを大切に、新たなステージでもひたむきに歩んで参ります。

今後とも立教大学ラグビー部を宜しくお願い申し上げます。


<齋藤菜緒>

私の人生の中で、最も貴重な経験ができた4年間でした。毎日の食事管理やトレーニングの指導など、学生主体の運営だったからこそ経験できたことがたくさんありました。トレーナーの仕事は、これが正解、と思ってチームに落とし込んでも、上手くいかないことばかりです。その為、福田監督が毎日のようにおっしゃいっていたGRITが必要だと感じる場面がほとんどでした。今後もGRITを忘れずに前向きに進んでいこうと思います。立教ラグビー部関係者の皆様、4年間多大なるご支援・ご声援ありがとうございました。


<小松貴理>

ご支援・ご声援してくださっていた皆様、4年間ありがとうございました。

女子校出身、ラグビーと無縁の私にとって、むさ苦しい男社会に飛び込むのは一世一代のチャレンジでした。最初は馴染めるか不安でいっぱいでしたが、いざ入ってみたら先輩後輩同期皆んなすごくいい人たちで、完全に男として扱われていましたが充実した4年間でした。特に同期の皆、本当にありがとう。

ここでしか経験できない感動や思い出が私の力となり、社会人として更に頑張ろうと思えます。これからは後輩の皆の頑張る姿をおかずにします。応援しています!


<西村実紅>

いつも多大なるご支援、ご声援ありがとうございます。「対抗戦1部リーグ昇格」や「史上最強の立教」という毎年掲げる目標を達成するために、悔しさや嬉しさをみんなと分かち合いながらチーム一丸となって戦いました。この四年間は私の今後の人生において一生の宝物になると思います。支えて下さった全ての人に感謝しています。今後とも立教大学ラグビー部をよろしくお願いいたします。




<太田知宏>

ちゅんです。

これを書いた3月の暮れ、買い物に行ったら半袖短パンは私だけでした。ド文化系の高校から上京し、すっかりラグビー部に染まってしまったと痛感しております。FWと一緒にいすぎました。

改めまして、私みたいな素性のよく分からない人間を受け入れ、育ててくれた立教ラグビー部には、本当に感謝しております。齢ばかり無駄に重ね、そのくせ、ろくに貢献できませんでしたが、スタッフの方々・先輩方・そして同期なのか後輩なのかよく分からない皆さんのおかげで笑って卒部することができました。

末筆ではございますが、活動をサポートしてくださったOB・OG・保護者の皆様、そして、ラグビーを介して出会った全ての方に感謝申し上げます。ありがとうございました。



551回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021年度「立教ラグビーサポーターズクラブ」のご案内

立教大学体育会ラグビー部をいつも応援していただきありがとうございます。 2021年度立教ラグビーサポーターズクラブのご案内です。 一人でも多くの方にご入会賜り、ご支援いただければ幸いです。 ○年会費 【個人会員】 A会員:10,000円 B会員:3,000円 地域会員:3,000円 【法人会員】 一般法人会員:50,000円/1口 地域法人会員:50,000円/1口 ※こちらの会費は会員向け特典及