• RIKKYO RUGBY

2020年シーズン終了のご挨拶

主将:北山翔大

 HPをご覧の皆様、こんにちは。2020年度立教大学体育会ラグビー部主将を務めました北山翔大です。

 新チームとして始動してから“BREAK”というスローガンの下、部員全員が対抗戦2勝以上という目標に向かって日々精進してきました。しかし新型コロナウイルスの影響で春季大会や菅平合宿が中止となり、関東大学対抗戦も開催が危ぶまれていました。この難しい状況の中、対抗戦が無事開催され、全7試合を戦い抜けた事を本当に嬉しく思います。

 結果として対抗戦は1勝に終わり、目標の2勝を達成することが出来ませんでしたが、日頃から立教ラグビー部を支えて下さった関係者の皆様、父母の皆様にはこの場を借りて改めて心から感謝申し上げます。

 また、これからの立教ラグビー部の更なる飛躍のため、引き続きご支援、ご協力の程よろしくお願いいたします。

 4年間本当にお世話になりました。ありがとうございました。


監督:福田明久

 新型コロナウイルスにより激変した社会生活によって、授業のオンライン化、グラウンドや施設の厳しい使用制限等、十分な活動ができない状況で今期がスタートしました。入部式のみならず、春季大会、定期戦、夏合宿も中止となり、本格的な活動再開は7月からという状況の中で、無事に対抗戦Aグループ全試合日程を終えることが出来たのも、父母の皆さま、サポーターズクラブ会員の皆さま、応援してくださる方々、大学関係者、OBOGのご支援の賜物と心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。また、全日程を大きな問題もなく運営していただいた関東ラグビー協会にも感謝申し上げます。そして厳しい条件のもと、新型コロナウイルス感染対策に取り組みながら、真摯にラグビーに向き合い、頑張って活動してくれた部員のみんなには心より敬意を表します。

 今期は5年振りに対抗戦Aグループに復帰し目標を2勝以上と掲げてチャレンジしましたが、残念ながら1勝6敗という結果に終わりました。しかしながら試合を観ていただいた皆さまには、「勇敢でひたむきなプレーを通じて勇気と自由の精神を伝える」という我が部の理念を少しは感じて頂けたのではないかと思っています。

 さて、来期も対抗戦Aグループでの戦いになります。新型コロナウイルスの情勢次第では部活動の制限が続くことも予期されますが、部員たちは引き続きラグビーが出来ること、携われることに感謝し、一生懸命部活動を楽しんでくれることと思います。引き続きご支援、ご声援を宜しくお願いいたします。



540回の閲覧0件のコメント