• RIKKYO RUGBY

監督交代のご報告およびご挨拶

平素より弊部の活動にご支援を賜り、誠にありがとうございます。


先日行われました2021年度OB・OGクラブ総会にて、6年間にわたり弊部の指揮を執った監督・福田 明久が退任することとなりましたのでお知らせいたします。後任は、元治 裕一(1988年卒)が就任いたします。


元治 裕一(げんじ ゆういち)

卒年度:1988年

経歴:立教高校→立教大学


<前監督・福田 明久 コメント>

立教大学体育会ラグビー部に多大なご支援をいただき、心より御礼申し上げます。皆さまのサポートにより、部員達は日々ラグビー活動を行うことができ、感謝申し上げます。残念ながら今期も引き続きコロナ禍のもとで窮屈な活動を余儀なくされておりますが、それでも何とか2月12日より春季活動のスタートラインに着くことができました。

さて、2016年から6年間にわたり部運営に携わってまいりましたが、監督を退任することとなりました。その間、皆さま方には多大なご支援、ご尽力をいただきましたことを、改めまして、感謝と御礼を申し上げます。

部の理念、ビジョン、行動規範のもと、部の目標達成に向けて、一人ひとりが、GRITするとともにチームビルディングしていく過程を通じて、部員たちが人間的に成長し、社会人として逞しく育ってもらうことを主眼に指導してまいりました。今後は元治監督のもと、更なる高みを目指し、部運営をすすめてまいりますので、引き続きご支援を宜しくお願い申し上げます。

最後になりましたが、まだまだコロナ禍が続いております。皆さまにおかれましては、健康に留意され、お身体をご自愛くださいますことを心より祈念申し上げます。


2022年3月

福田 明久


<新監督・元治 裕一 コメント>

日頃は、立教大学体育会ラグビー部への多大なるご支援、ご声援を賜り、心より感謝申し上げます。この度、2022年度監督に就任させていただきました元治 裕一(げんじ ゆういち)と申します(1988年卒)。母校体育会ラグビー部の監督という職に就かせていただいたという喜びと名誉、そしてその重みを真摯に受け止めつつ、「勇敢でひたむきなプレーを通じて、勇気と自由の精神を伝えます。」という我が立教大学体育会ラグビー部の理念を継承し、応援してくださる皆様に感動を与えられるチームにすべく尽力して参る所存でございます。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

我が部は日本の大学ラグビーで7番目に創部された伝統校であり2023年度には創部100周年を迎えます。堂々と胸を張って100周年を祝う!それに相応しい2022年度にしたいと思います。どうか応援の程、よろしくお願い申し上げます。


2022年3月

立教大学体育会ラグビー部監督 元治 裕一




閲覧数:1,070回0件のコメント

最新記事

すべて表示