top of page
  • 執筆者の写真RIKKYO RUGBY

次の100年に向けて若手OBOGの参画を期して~「Next」の立ち上げ~




                     2024年1月

立教大学体育会ラグビー部OBOGの皆さま


~ 次の100年に向けて、若手OBOGの参画を期して~

これからの OBOG 会・幹事会のあり方を考える検討チーム「Next」の立ち上げ

 2023年度、立教大学体育会ラグビー部は関東大学ラグビー対抗戦 A グループで2年 連続の6位となりました。創部100周年の目標であった大学選手権出場まであと少しの ところでしたが、ラグビー部は年々強化され進化しています。来年以降もさらに期待が高まるものと思います。


 このようにラグビー部が進化している今、OBOG会および幹事会も変革し、進化していく 必要があると考えています。

皆さまからは 、

「幹事会の活動が良く分からない、学生や現場支援のために活動しているのだろうか」

「毎年なぜ年会費を支払う必要があるのか、年会費は何に使われているのだろうか」

「若手OBOGが参加しづらい、もっと情報を迅速に開示して欲しい」

といった声をいただくことがあり、今後はOBOG会や幹事会のパーパス(存在意義・目指す姿・大切にする価 値観)などを明確にして活動していくことが重要になってくると考えています。


  そこで幹事会では「これからの OBOG 会・幹事会のあり方を考える検討チーム Next」を立ち上げ、次の100年に向けた議論を開始することにいたしました。 透明性・多様性・心理的安全性をキーワードに、皆さまへ情報共有を積極的に行い、同時に 皆さまからご意見も頂戴することで双方向のコミュニケーションを実践できればと考えて います。この取り組みに対して以下からご意見をいただきたいと思います。 ざっくばらんなたくさんのご意見お待ちしています。よろしくお願いいたします。 https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeNnvJB9ia7_tFkrMc0M0OM6fiArz2NBcmJ7lV4Xu9-eclz5w/viewform


OBOG幹事会 チームNext

2019年卒 荘加 竜

2018年卒 三浦 弘之

2018年卒 若林 綾大

2017年卒 髙橋 狩武

2015年卒 松本 宗介

1987年卒 奥本 昭彦

1982年卒 高地 健一

1982年卒 岩田 章

閲覧数:555回0件のコメント
bottom of page