top of page
  • RIKKYO RUGBY

四年間を振り返って -95期-

更新日:5 時間前

95期の卒業生が3月に寄稿した文章です。


<主将 麻生典宏>

ホームページをご覧の皆様、日頃よりご支援・ご声援をいただき誠にありがとうございます。大学ラグビーでは、怪我に悩まされ合計で2年間ほどしかプレーすることができませんでしたが、主将という役職を通し、人として大きく成長できた4年間でした。目標を見失わず、支えてくださる方々に感謝しながら、これからも自分を信じてチャレンジしていきたいと思います。4年間ありがとうございました。



<副将 佐伯周太>

ホームページをご覧の皆様、4年間多大なるご支援・ご声援の程ありがとうございました。

大学4年間、楽しいことや辛いこと、嬉しいことや悔しいことなど、本当に多くのことを立教大学ラグビー部で経験させていただきました。立教大学ラグビー部に所属できたことを心から誇りに思います。これから社会に出ても、過ごした時間と百合の誇りを胸に精進し、微力ながら一OBとして部の発展を支えていきたいと思います。


<主務 柳田ひかる>

4年間多大なるご支援・ご声援をいただき、ありがとうございました。私たちの学年は関東大学対抗戦Aグループ・Bグループ、コロナ禍での活動など、様々な状況での活動を経験しました。その一つ一つに沢山の想いが詰まっていて、立教大学ラグビー部での4年間は、私にとって大切な財産となりました。これらの想いは、後輩たちに引き継ぎます。今後とも立教大学ラグビー部を宜しくお願いいたします。


<FWリーダー 金子恭也>

怪我という形で引退を迎えてしまい、とても悔しい気持ちでいっぱいです。しかし、立教大学ラグビー部に入部したことに後悔はしていません。立教大学ラグビー部に入部したからこそ、素敵な仲間に巡り合い、厳しい練習や多くの困難を乗り越え、成長することができたと感じています。多くの方々に支えられ、この4年間を充実した期間にすることができました。ありがとうございました。



<BKリーダー 桑原礼紀>

ホームページをご覧の皆様、4年間多大なるご支援・ご声援をいただき、ありがとうございました。大学ラグビーを振り返ると、試合に勝った嬉しさよりも悔しい思いをしたことの方がずっと多かったです。しかし、悔しい思いをした分、そこから立ち上がる強さをこのチームで培ってきました。立教大学ラグビー部にいた4年間はとても充実しており、自分にとって大きな財産となりました。4年間支えてくださった皆様、ありがとうございました。


<副務 相田向陽>

ホームページをご覧の皆様、4年間、多大なるご支援・ご声援をいただき誠にありがとうございました。私は4年前、創部初の学生コーチとして入部いたしました。初めは右も左も分からず、日々の練習に苦労が絶えない毎日でしたが、多くの仲間たちと一歩ずつ歩んでいくことで、ここまで成長することができたと思います。この部で出会ったかけがえのない仲間、学生コーチとしての入部を認めてくださったスタッフの方々、そして常に立教大学ラグビー部に熱いご声援をくださるファンの方々への感謝を胸に、これからは一社会人として立教大学ラグビー部を陰ながら支えていく所存です。最後になりましたが、4年間誠にありがとうございました。

<副務 鈴木惣史>

ホームページをご覧の皆様、日頃より多大なるご支援・ご声援をいただき誠にありがとうございます。立教大学ラグビー部での4年間を通じて、上手くいく時、そうでない時、様々な経験をさせていただきました。その経験の中から培ったものを社会人生活の中で活かしていきたいと思います。改めまして、4年間誠にありがとうございました。