部員募集

ロゴ金.png
立教大学ラグビー部の一員として、
文武両道を実践し充実した大学生活をおくりませんか。
百合の誇りを胸に、共に闘い抜き、
​勝利の喜びを分かち合う仲間を心よりお待ちしております。

新入生の皆さんへ

立教大学体育会ラグビー部では、経験・未経験を問わずプレーヤー、マネージャー、トレーナー、分析、学生コーチを募集しております。

弊部には浪人生を経験した後に入部した選手や大学からラグビーを始めた選手もおり、様々な入試形態で入学した部員が日々邁進しながら試合で活躍しています。

ここでは一般入試合格者や内部進学者、アスリート選抜そして、自由選抜入試を利用して入学した現役部員たちから皆さんへ向けたメッセージを掲載しております。

このHPをご覧になった皆さんと富士見グラウンドで共にプレーできることを部員一同、心待ちにしております。

 

2017年3月には新座キャンパスのそばに体育会所属部員専用寮が完成し、アスリートをサポートする環境が整いました。

ラグビー部への入部をお考えで入寮を希望される方は、本ホームページお問い合わせ欄よりお問い合わせ下さい。

寮の詳細はコチラのPDF資料をご確認ください

現役部員からのメッセージ

プレーヤー/アスリート選抜入試

天羽秀太(2年/コミュニティ福祉/スポーツウェルネス/桐蔭学園)

コミュニティ福祉学部スポーツウェルネス学科2年の天羽秀太と申します。

私は桐蔭学園高校からアスリート選抜入試を利用して立教大学に入学しました。立教ラグビー部には私のような経験者もいれば、大学からラグビーを始めたという初心者も所属しており、日々部員同士で高め合いながら練習しています。今年は新型コロナウイルスの影響もあり思うように活動できていませんが、オンライントレーニングなどを行いながらシーズンに向けて勝つチームになれるよう部員一同準備しています。昨年は対抗戦Aグループで2勝を目標にしていましたが1勝に終わりました。今年は昨年度のチームを上回る3勝を目標にしています。そのためには皆さんの力が必要です!「対抗戦Aグループでプレーしたい」「立教ラグビー部で勝ちたい」と思った方は是非ラグビー部へ入部してください。皆さんと一緒にグラウンドでラグビーできるのを楽しみにしています。

プレーヤー/​自由選抜入試

佐伯周太(4年/観光/交流文化/成城学園)

部員募集 周太1.webp
部員募集 周太2.webp

皆さんこんにちは。観光学部交流文化学科4年の佐伯周太です。

私は自由選抜入試を利用して立教大学に入学しました。立教ラグビー部には花園のような大舞台を経験した選手の他にも、私のように花園を経験していない選手や、浪人を経て入部した選手、大学に入って初めてラグビーを始めた選手も在籍しています。昨年、5年振りとなる対抗戦Aグループの舞台で念願の勝利を挙げることができました。今年は、昨年の成績はもちろんのこと、これまでの立教の歴史を越えていこうと部員一同さらに邁進していきます。

何かに没頭したいと思っている方は、最後の学生生活を私たちと一緒にラグビーに捧げてみませんか。皆さんと一緒にラグビーができるのを楽しみにしています。

プレーヤー/​指定校推薦

濱野浩征(2年/観光/観光/函館ラ・サール)

濱野1
濱野2

皆さんこんにちは。観光学部観光学科2年の濱野浩征です。

皆さんは現在、大学生活をどう過ごすか悩んでいるでしょう。私は、大学とは自分の本当にやりたいことができる場所だと考えています。これから自分が何をするべきか、何をしたいかを悩んでいる人には私はラグビー部をおすすめします。

この部で1年間過ごして、私はプレーヤー同士の距離がとても近く、本音で語り合える環境だと感じました。これは先輩たちが優しく迎えてくださったからだと思います。先輩たちが部の雰囲気をより良いものにしようという意識を持ち、周りの人間を巻き込み、対抗戦Aグループでの勝利という一つの目標を目指していたからこそ、私もこの部の持つ一体感に引っ張られていきました。

私はこの部活でチームメイトとともに目標を目指すという自分のやりたいことを見つけられました。皆さんのやりたいこともこの部活で見つけられると嬉しいです。

プレーヤー/​一般入試

篠原優太(2年/コミュニティ福祉/スポーツウェルネス/水城)

篠原1
篠原2

皆さんこんにちは。コミュニティ福祉学部スポーツウェルネス学科2年の篠原優太です。私は1年間の浪人を経て、一般入試で立教大学に入学しました。立教大学ラグビー部にはラグビー名門校出身の選手のみならず、無名校出身の選手、そして大学からラグビーを始める選手など様々なバックグラウンドを持つ選手が所属しています。私は無名校出身であり浪人をしていたので入部することが非常に不安でした。しかし、立教ラグビー部はやる気があればどのような選手でも輝くことができる部活です。レベルの違いや一人暮らしなど多くの困難はありますが、同期や先輩、コーチ、トレーナーの存在のおかげで乗り越え、日々成長することができています。少しでもラグビーをしたい、続けたいと思っている方は、是非一度グラウンドに足を運んでみてください。多くのみなさんとラグビーする日を心待ちにしています。

学生コーチ

阪本士門(2年/観光/観光/立教新座)

皆さんこんにちは。観光学部観光学科2年阪本士門です。私は学生コーチという立場でラグビー部に所属しています。

中学からラグビーを始め、高校卒業までの6年間、選手としてラグビーをしていました。大学進学にあたり、ラグビー部に入部するか悩んでおり、対抗戦Aグループで私が活躍するイメージができず、所属することをあきらめかけていました。しかしラグビー部を見学した際、選手はもちろんスタッフの人達もとても輝いて見えて、何より全員が楽しそうに活躍していました。それを見た私は選手という立場ではなく、選手をサポートする側としてラグビー部に所属することを決め、現在学生コーチをしています。

では学生コーチの仕事内容を簡単に説明しようと思います。主に普段の練習のサポート、試合のアップ、ヘッドコーチが不在の日には全体練習の統括などです。学生コーチとして行動した昨年1年間、学生でありながらコーチという立場や、指導陣と選手との意見の板挟みに悩まされることも多くありましたが、ラグビー部が躍動したときには例えようのない達成感と喜びを感じることができました。学生コーチだからこそ学べること、考えることは多くあると思います。これを読んで少しでもラグビー部に興味を持ったらぜひラグビー部のグラウンドに来てみてください。皆さんに会えることを楽しみにしています。

マネージャー

馬上桃代(3年/観光/観光/都立文京)

馬上1

馬上桃代(3年/観光/観光/都立文京)

皆さん、こんにちは!観光学部観光学科、3年マネージャーの馬上桃代です。私がラグビー部に入ったきっかけはとても些細なことです。もちろんマネージャーという仕事の経験もありません。しかし、入部してから恵まれた仲間たちに出会い、共に辛い練習を乗り越え、たくさんの経験を積んだ今、想像を遥かに超えた充実感を得ることができています。

マネージャーは練習中の水出しやビデオ撮影のように直接選手と関わる仕事の他、ホームページやSNSでの情報発信、他大学やラグビー協会との連携、応援してくださる方々やOB・OGの方々とのやりとり、会計、グッズの企画・販売のようにグラウンド外での仕事など多岐に渡ります。様々な役割があるので、どんな人でも活躍することができます。

マネージャーという立場は決して楽しいことばかりではありませんが、チームの一員として部に貢献できた時、試合の勝利の瞬間にはとてもやりがいを感じます。むしろ、マネージャーだからこそ様々な人とのやりとりの中で立教ラグビー部がどれだけ応援していただいているかを実感することもできます。そしてこのような経験は自分をひとりの人間として成長させてくれます。「ここまで誰かのために全力になり、誰かのために一生懸命になることはこの先ないのではないか。」と思ってしまうほど立教ラグビー部は魅力で溢れています。知識や経験は問いません。春に、皆さんとお会いできることを楽しみにしています。

トレーナー

茨田舞花(3年/GLAP/国際基督教大学)

こんにちは!グローバル・リベラルアーツ・プログラム3年、トレーナーの茨田舞花です。

トレーナーの仕事は選手のボディコンディションの管理、ウエイトトレーニングのサポート、ウォーミングアップの指導や怪我の処置などがあります。スポーツ栄養学や救命救急法など専門的な知識を必要とする仕事がたくさんですが、大学ならでは、そしてラグビー部ならではの経験ができ、とてもやりがいを感じられます。マネージャーと大きく異なる点としては、ボールを扱ったり、怪我した選手に全速力で駆け寄ったり、グラウンドでの活躍が多いこと。もう一つの違いは選手と密接に関わる仕事を担当しているため、より多くの部員とコミュニケーションを取る機会があることです。大男の足をテーピングしたり、選手のベンチプレスの補助をしたりできるのはトレーナーの醍醐味です!

私が新入生の頃は体育会に入るつもりはなく、ラグビーについてもほとんど何も知りませんでしたが、2019年のワールドカップに魅了され、何より賑やかで楽しそうなラグビー部の先輩方に惹かれて入部を決めました。勉強と両立する忙しさ、炎天下や雨の中での練習など、大変に思うこともありますが、部活に本気で打ち込むことで得られる能力や経験は間違いなく自分をレベルアップさせてくれていると感じています。大学生活を有意義なものにしたい、新しいことに挑戦したい、そんな思いを持った方はぜひ立教大学ラグビー部のトレーナーをご検討ください。男女や経験は問いません、皆さんと一緒に活動できるのを楽しみにしています!

分析

中野竜佑(2年/経済/会計ファイナンス/川越東)

中野1
中野2

皆さんこんにちは。経済学部会計ファイナンス学科2年の中野竜佑です。私は1年間の浪人を経て分析として立教ラグビー部に入りました。ここでは分析と聞いてピンときていない方に向けて分析の普段の仕事を紹介したいと思います。

我々の仕事は主に普段の練習や試合の動画撮影、試合後の自チームのデータ算出、他校の戦術分析をすることです。普段の選手のプレイ映像を共有したり、試合におけるタックル成功率などの算出された数値データを出すことで選手各個人が感覚だけではない、理論的な反省ができます。

一見脳筋がやるイメージがあるラグビーですが、情緒的にやるだけでは勝てないクレバーなスポーツです。そんなラグビーにおいて分析がチームにもたらす可能性は大きく、2年前のラグビーワールドカップにおける日本代表のベスト8という大躍進の裏にも分析班による、詳細な戦術研究やデータ共有がありました。

立教ラグビー部の更なる強化のために、ラグビーが好きな人、ワールドカップを見て興味を持った人など、きっかけはなんでもいいので、ラグビー部を大学生活の一つとして検討してみてください。皆さんとグラウンドでお会いできる事を楽しみにしております。

卒業後の進路

​(過去4年間)

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

損害保険ジャパン日本興亜株式会社

東京海上日動あんしん生命保険株式会社

東京海上日動火災保険株式会社

三井住友海上火災保険株式会社

明治安田生命保険相互会社

オーシャンネットワークエクスプレスジャパン株式会社

野村証券株式会社
三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社
田野屋酒販株式会社
株式会社住友林業
株式会社群馬銀行

株式会社千葉銀行

株式会社みずほ銀行

株式会社三井住友銀行

株式会社三菱UFJ銀行

株式会社七十七銀行

株式会社日本取引所グループ

株式会社高島屋

株式会社松屋(百貨店)
株式会社電通

​株式会社博報堂

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ

​株式会社フジテレビジョン

北海道テレビ放送局株式会社

関西テレビ放送株式会社

アシックスジャパン株式会社

美津濃株式会社

株式会社リクルートライフスタイル

タイムズ24株式会社

全日本空輸株式会社

京王観光株式会社

株式会社エイチ・アイ・エス

昭和産業株式会社

株式会社乃村工藝社

大成建設株式会社

東京建物株式会社

大和ハウス工業株式会社

吉本興業株式会社

ライオン株式会社

株式会社ドーム

株式会社ナガセ

アサヒビール株式会社

コカ・コーラボトラーズジャパン株式会社

サントリー食品インターナショナル株式会社

日清オイリオグループ株式会社

カシオ計算機株式会社

トルンプ株式会社
株式会社きんでん
株式会社ニュー・オータニ
三井造船株式会社
郵船ロジスティクス
株式会社木下不動産

野村不動産株式会社

東京急行電鉄株式会社

京王電鉄株式会社

住友商事株式会社

JFE商事株式会社

伊藤忠ファッションシステム株式会社
三菱電機株式会社

横河電機株式会社
エーザイ株式会社
いすゞ自動車株式会社

東京都小学校教員

進学(立教大学大学院)

​立教大学出身のトップリーガー

立教大学体育会ラグビー部にはトップリーガーを目指す選手もおり、立教大学が輩出した先輩方がトップリーグの舞台で活躍しています。

西田創  2006年卒

 NECグリーンロケッツ

中村洋平  2013年卒

 SANIXブルース→リコーブラックラムズ

宣原甲太  2013年卒

 神戸製鋼コベルコスティーラーズ

山田龍之介  2014年卒

 NECグリーンロケッツ→釜石シーウェーブス

中澤健宏  2014年卒

 リコーブラックラムズ

眞壁貴男  2015年卒

 リコーブラックラムズ

眞壁照男  2019年卒

 東芝ブレイブルーパス

床田聖悟 2020年卒

​ 日野レッドドルフィンズ

 

(2002年卒以降)

現役トップリーガーからの言葉

中澤健宏選手(2014年卒/リコーブラックラムズ)

2014年卒の中澤健宏です。
私は所沢北高校という、埼玉県の県立高校でラグビーを始めました。強豪校ではなく、大学でラグビーを続ける選手も少なかったです。
大学でラグビーを続けようと思った時、スポーツ推薦での入部者が比較的少なく、それでいて対抗戦Aグループで奮闘している立教大学がとても魅力的に思えました。「立教なら自分でも勝負できるかもしれない。」そう思って立教を受験することを決意。国語、数学、英語の3科目一般受験で観光学部観光学科に入学しました。

立教のラグビー部には、私のような無名校出身や、全国大会経験者、そして高校まで他競技で、大学でラグビーを始めた選手もいました。そんな様々なルーツを持つ選手が集まった組織で強く感じていたのは、風通しの良さです。
最低限の上下関係は当然ありますが、本当にのびのびとラグビーをすることができました。1年時に初めて対抗戦に出場した時も、先輩方のサポートの中で思い切りプレーすることができました。また、部活の運営や練習内容に対して、何か意見があれば、相手が先輩でもスタッフでも、しっかりと向き合ってくれる文化があります。

また、立教でラグビーをすることの魅力の1つに、強豪校と試合ができるということがあると思います。
秋の対抗戦、春季大会、伝統校との定期戦など、多くの機会があります。
選手として良い経験になるという理由もありますが、ぼんやりとでも社会人でラグビーを続けようと思っている人にとって、強豪校との対戦はリクルーターの目に留まりやすくなるため、可能性が広がるはずです。私自身、在学時にいくつかのチームから社会人でも続けないかと声を掛けて頂くことができました。

余談ですが、就職活動の時、そして働き始めてからも、OBの繋がりに何度も助けてもらっています。社会に出て改めて、伝統のある大学の部活動であったと再認識しています。

最後に、もし大学でラグビーを続けるか迷っている人がいたら、是非続けて欲しいと思います。私も入学前は不安でしたが、出身校やラグビーのキャリアなど、一度入部して同じチームになってしまえば、全く関係なくなります。
身体は鍛えれば強くなるし、ラグビーを好きな気持ちさえあればどんどん上手になります。
私は社会人になってからもラグビーを続け、現在7人制ラグビーの日本代表にも招集されていますが、ラグビーが好きで練習が楽しいという一心が大きく、気付いたらここまできたといった心境です。
楽しいという思いが強くなったきっかけは、在学当時、練習前後に遊びと本気半々で行っていたタッチフットです。どんどんラグビーにはまっていきました。
是非、立教大学で楽しく本気で、ラグビーに熱中してください。

眞壁貴男選手(2015年卒/リコーブラックラムズ)

IMG_2552.JPG

2015年卒の眞壁貴男です。

立教大学ラグビー部にアスリート選抜入試を利用し入学しました。私は現在、ジャパンラグビートップリーグのリコーブラックラムズに所属しています。

私が現在もトップチームでラグビーを続けられているのは立教大学ラグビー部で過ごした4年間があるからです。多くの時間をグラウンドで過ごす中で得た学びは、普通では得られないと思います。

特に、私は考える力が身に付いたと思います。勝つために何をしたらいいか、チームのために何をするのが1番なのか、どうしたらもっと上手くなれるのか。1人でも考えましたし、チームメイトと話し合いながら意見を共有することができました。その時に身につけた考える力のお陰で自分には何ができて、何が足りないのかを考えて対策することでトップリーグの試合に出る機会も増えました。

もちろん立教ラグビー部に入ってラグビースキルや身体の強さも手に入れたものの一つです。しかし、それ以上にこの環境の中で仲間と過ごした数多くの体験が私の強みの一つです。

高校生の皆さんにはこれからたくさんの可能性があります。僕以上の可能性を皆さんは秘めています。その可能性を立教大学ラグビー部で広げてみてはどうでしょうか。1人じゃありません。一緒に戦ってくれる仲間が待っています。

眞壁照男選手(2019年卒/東芝ブレイブルーパス)

2019年卒の眞壁照男です。

私はアスリート推薦入試で入学しました。私は今でも立教大学でラグビーしたことが自分の力になっていると感じます。その一つが責任感を持って行動できるようになったことです。責任感を持って行動することはラグビーや仕事をする上でとても大切なことです。私は試合で目立つようなプレイヤーではなかったのですが大学一年の頃からAチームの試合にでていました。しかし、先輩についていくだけで責任感は持ててませんでした。
責任感を持って試合に出れるようになったのは大学三年生になった時です。学年リーダーになったこともあってハドルやミーティングなどで発言したり、説明する上で自然と責任感を持てるようになりました。さらに、立教大学では監督やコーチが、全てを教えるのではなくリーダーや選手にも意見を聞き一緒にチームを作っていくため責任感が身につきました。
立教大学では必ずしも推薦で入った選手が試合に出れるわけではなく努力ををすれば試合に出るチャンスがあります。自分の努力次第ではチャンスは無限大にあります。なので、一般入試や初心者でもAチームとして試合にでて活躍する可能性があります。
高校生の皆さんは目標や夢を持っていますか?夢は思い続けるだけでは叶いません。目標もあるだけでは何も意味がありません。それに向かって努力する事が大切なので立教大学に入って自分のやりたい事を見つけて全力で取り組んでください。そして、トップリーグの舞台で試合できる事を楽しみにしています!

​入部をご検討中の方・ご質問がある方はお問い合わせフォームよりご連絡ください。

​立教大学体育会ラグビー部に関する詳細な資料もございますので、お気軽にお申し付けください。

お問合せ

送信ありがとうございました

現役部員からの

​メッセージ

​卒業後の進路

立教大学出身の

​トップリーガー