2016年8月24日(水)

インタビュー 笹本 大地(1年・WTB)

チームに信頼されるようになりたい」

夏合宿の試合を振り返ってどうですか。

 夏合宿での初めての試合は一橋大学A戦です。けれど、試合内容があまり良くなく、自分の力を出し切れず、後味の悪い試合でした。昨日の國學院大學戦では、A戦スタートメンバーに選ばれ、一橋戦での反省を踏まえて挑んだ一戦でした。しかし、この試合でも多くのミスを重ねてしまい、試合の流れを掴むことが出来ませんでした。夏合宿も終わりに近づき、これから対抗戦が始まっていきますが、今年の目標である「昇格」を絶対に達成するために、試合に出場することが出来たら今までやってきたことを全て試合にぶつけたいと思います。

ラグビーを始めたきっかけは何ですか。

 中学まではずっと野球をやっていました。高校からは、父親がラグビーをやっていたこともあり、野球以外のスポーツに興味を持ち、友達とラグビーを始めました。大学でもラグビーを続けたのは、高校の最後の試合で負けた時に、このままでは辞められないと思ったからです。大学でラグビー部に入部してもっと自分を高めてラグビーを充実させたいと思いました。

尊敬する選手を教えて下さい。

 同じポジションでもある、空斗さん(青木空斗・4年)と山田さん(山田雄大・3年)です。空斗さんは、体格を活かした力強いプレーとなかなか倒れないフィジカルの強さ。そして、プレーをしている時に周りに声をかけながら相手をしっかり見て的確な判断を下し、試合を回しているところが自分にはなかなか出来ないことであり、とても尊敬しています。山田さんは、ラグビーの技術が高いこと、そしてラグビーをやる上で欠かせないフィジカル面を普段の私生活から意識的に行っていることです。ラグビー選手として強くなるために決して怠らずに徹底的に行っているところを尊敬しており、見習っていきたいと思います。

自分の強みを教えて下さい。

 WTBというポジションなので、やはり足の速さを活かしたランプレーを得意としています。相手をかわしてトライを取りきる執念は誰にも負けません。

今後の目標を教えて下さい。

 WTBに良い選手が揃っているため、なかなかA戦スタートメンバーとしての出場機会はまだまだ少ないですが、しっかりと体重を増やして体作りをし、対抗戦Aに昇格した時に強い相手に当たり負けしないような選手になりたいです。 

立教大学ラグビー部の魅力は何ですか。

 上下関係があまり厳しくなく、チーム全体がとても仲が良いところです。仲が良いからこそ、練習中、試合中に率直に指摘し合え、チームの雰囲気も良い方向に導くことが出来ます。また、立教ラグビー部は学生主体のチームであり、平日はコーチがいない中で、主将の御苑さん(御苑剛・4年)と学年リーダーを中心に考えたメニューを行っています。選手1人1人がしっかりと練習の意図を考え、良い雰囲気の中で練習が出来ているところが魅力であると思います。

同期について教えてください。  

 一年生は全体的に仲が良い学年だと思います。皆が真摯にラグビーと向き合っているので尊敬する部分が多いです。立教新座高校出身の平間(平間大貴・1年)や下根(下根光博・1年)とは高校時代から一緒にラグビーをやっているということもあり仲が良いですが、大晃(藤原大晃・1年)や楢崎(楢崎彰太郎・1年)とは同じBKなので一緒にいることも多く、良きライバルでもあります。また、床田(床田聖悟・1年)はプレー面で見習うことが多いです。Aチームのスタートメンバーに選ばれていることも多く、一年生の中でも一際存在感があると思いますし、床田の力強いタックルを見ると僕も頑張らなければと思います。 

試合の時はどのようにモチベーションを上げていますか。

 試合当日の朝、音楽を聴くようにしています。身体が熱くなる様な激しい音楽を聴くことでテンションを上げることができ、試合前の緊張を和らげることが出来ます。また、低カロリーで適度に糖分を摂取することが出来る飴を舐めることも心がけています。この二つは僕が試合前に必ず行うルーティーンです。 

今年度の立教はどんなチームですか。

 今年は“One”というスローガンを掲げていることもあり、部員全員がチームのことを考えて行動する一体感のあるチームだと思います。また、「徹底的に勝ちに拘る」「絶対に目標を達成する」ことを心がけており、選手はもちろんスタッフやコーチの方々・学生スタッフなど部にかかわる全ての人の意識が高く、とても良い環境でラグビーが出来ることに感謝しています。

HPをご覧の皆さんに一言お願いします。

 いつも温かいご声援ありがとうございます。まだまだ未熟な一年生ですが、これからチームの一員として良いパフォーマンスをして勝利に貢献できるよう頑張ります。応援よろしくお願いします。

Interview